高岡漆器制作体験教室を開催しました

 2020年12月10日に、高岡市御旅屋セリオのZIBA内で富山県立大学の学生と、アランマーレ富山ハンドボールチームとが高岡漆器の制作体験の中で交流を図る、というイベントを企画・運営しました。

 伝統工芸高岡漆器協同組合さんのご協力とご厚意によって実現した本企画では、総勢10名の参加者が高岡漆器の作品を観覧し、高岡漆器の制作体験を行いました。

高岡漆器制作体験教室の雰囲気

 制作したのは塗料の上に粉を塗して名前や模様を入れる蒔絵という技法を用いたネームプレート。参加者の皆さんに思い思いの模様を入れていただき、職人技の繊細さとモノづくりの楽しさを体感してもらいました。

高岡漆器制作体験教室の製作物

 イベントの様子については各種報道の他、アランマーレ富山応援チャンネルの中で、素敵な動画に編集していただきました。

高岡漆器制作体験教室の雰囲気動画

□ご参加・ご協力いただいた皆様(敬称略、順不同)
■伝統工芸高岡漆器協同組合
 柴田 治之(理事長)
 折橋 治樹(螺鈿職人、伝統工芸士)
■アランマーレハンドボールチーム
 佐々木 春海(選手)
 飯塚 美紗希(選手)

□メディア掲載
■2020.12.11(金)
 北日本新聞朝刊
 中日新聞朝刊
 中日新聞Web版

□外部リンク
■御旅屋SERIO
HP:https://www.otaya-serio.com/
■アランマーレ富山ハンドボールチーム
HP:https://www.aranmare.jp/handball/
■富山県立大学プレスリリース
HP:https://www.pu-toyama.ac.jp/news/news_outline/2020/12/03/9447/

ニュース一覧へ戻る